Ubiik

Ubiik

スマート電力量計とエネルギー管理の最先端IoTソリューション

まず、Ubiikは高い信頼性で長距離通信を実現する次世代通信技術 Weightless LPWANを導入しました。UbiikはWeightlessを通して、厳しい要件が課される産業用IoTプロジェクト向けに一括受注型エネルギー管理ソリューションを提供しています。Ubiikはサプライヤー要件を満たし、2018年〜2019年において台湾電力と800万米ドル相当の契約を締結しました。これは、スマート電気量計と台湾電力のアナリティクス・クラウドを無線でつなぎ、電力削減を目指す台湾最大のIoTプロジェクトです。コネクティビティの検証ソリューションとして、Ubiikではスマートグリッドシステム(太陽光発電機と電池)およびコネクテッドEVチャージャーを提供しています。
2016年に創業されて台北市と新竹市に拠点を持ち、現在30名のIoTやワイヤレス、アナリティクスの専門家集団となったUbiikの目標は、国際マーケティングに優れたクリエイティブチームが日本をはじめとする台湾国外でスケーラブルな事業を獲得していくことです。日本ではすでに大切なパートナーと提携しています。

Leading-Edge IoT Solutions for Smart Metering and Energy Management

Ubiik first implemented the Weightless LPWAN technology, a next gen telecom technology to connect objects reliably over large distances. With Weightless, Ubiik provides turnkey Energy Management solutions to Industrials that have serious requirements for Industrial IoT projects.
Ubiik won supplier qualification and a US$ 8M contract from Tai-Power in 2018-2019; This is Taiwan's largest IoT project to wirelessly link smart electricity meters to their Analytics cloud and save energy.
With the validation of its connectivity solutions, Ubiik started to provide smart grid systems (PV + battery) and connected EV chargers.
Founded in 2016 and now a team of 30 experts in IoT, wireless and analytics, in Taipei and Hsinchu, Ubiik's ambition is to prove that a creative team skilled in international marketing can win scalable businesses outside of Taiwan, starting with Japan – where it already won some of its most important partners.